健康管理でいきいき生活

スポンサードリンク

 

健康管理でいきいき生活のサイト紹介

健康で長生きするためには、若い時からの健康管理が必要となります。

 

日本は長寿国と言われおり、確かに平均年齢は延びてます。しかし、ただ長生きすればいいのでしょうか?

 

やはり健康で長生きなのが一番だとみんな考えています。

 

そこで当サイトでは、健康で長生きするため生活スタイルを紹介していきたいと思っています。

 

健康に長生きするために健康管理をしましょう

スポンサードリンク

現在日本人は平均して死ぬまでの約6年間を健康と言えない状態で過ごしていると言われています。

 

現実的に、ぼけや脳血管障害、心臓疾患などによる寝たきりの生活やさまざまな生活習慣病との闘病生活などのつらい生活を送っている人が多いのです。

 

寝たきりで介護されながら長生きするより、死ぬまで健康で元気にいきいきと生活できた方がいいとみんな思っているはずです。

 

日本人の死亡原因のワースト31位・・悪性新生物(がん) 2位・・心疾患 3位・・脳血管疾患でこれらはいずれも生活習慣病が大きく関係する病気です。

 

この3つを合わせた死亡率は、全体の60%にのぼります。

 

老いはだれにも訪れます。しかし、早めに生活習慣病の予防をすることで、健康で元気に長生きできるのです。

 

健康管理が大切なのです。

 


 

元気に長生きするためのキーポイントは血管です

 

老化は血管から始まります。高齢になっても健康でいるためには、血管をしなやかに保ち、きれいな血液が流れるようにするこ

とです。

 

動脈硬化を予防することは健康に長生きするためのキーポイントなのです。

 

血管が老化すればありとあらゆるところに障害がでてきます。

 

動脈硬化とは、動脈が硬くなったり、もろくなったりする状態で、血管の老化現象です。

 

動脈硬化には、細い動脈が硬くなる「細動脈硬化」と動脈の内腔にコレステロールなどが付着して血管の内側が狭くなる「粥状動脈硬化」があります。

 

日本人の死亡原因の3割を占めていることを考えると、いかに動脈硬化が脅威であるかわかります。

 

 

動脈硬化症も食事と生活で改善できます

 

最近まで動脈硬化症はなかなか治らないものと考えられていました。

 

コレステロールや中性脂肪の研究が進んで、悪玉コレステロールや中性脂肪を減らす食生活をしっかり行えば動脈硬化を起こしていた血管も回復することがわかってきました。

 

あきらめることはありません、食生活を中心にを改善しましょう。

 

健康管理をすることで健康で元気に長生きできます、今からでも決して遅くはありません。

 

健康管理に気をつけ生活を改善して健康で元気な高齢者になりましょう。

 

スポンサードリンク

 

最終更新日 平成26年08月17日